プエラリアミリフィカで胸を大きくする



バストアップに注目されています

プエラリアミリフィカとは、タイ北部の熱帯に自生しているマメ科の植物で、現地名をガウクルア、学名をプエラリアミリフィカと言い、タイでもっとも権威のあるチュラロンコン大学の教授により研究されてきたものです。

プエラリアミリフィカには、バストアップに欠かせないイソフラボンが大豆の50倍含まれています。

イソフラボンがタイでは女性の若返りの薬として昔から使用されてきており、女性ホルモンであるエストロゲン分泌を促進する働きがあり、これが美肌、バストアップ効果、更年期障害の改善効果があるとされています。

エストロゲンとは、女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲスロンの2種類があり、共に卵巣から分泌されますがその働きには大きな違いがあり、エストロゲンは女性らしさを創り出すホルモンです。

簡単に言うと妊娠を可能にし、乳房を発達させる働きを担っているホルモンで、これがバストアップ効果へとつながっています。

また、エストロゲンには肌にしっとり感を持たせたり、髪につやを与えたりといったような外観的な女性らしさを創る源でもあり、コレステロールの増加を抑えたり、動脈硬化を予防するといった働きもあります。

小さなバストの原因には生理学的な根拠があります。小さなバストになるにはそれなりの理由があります。

女性の体の形成に深く関わりのある女性ホルモンの分泌量の不足に起因するケースが一般的に考えられています。女性ホルモンは思春期から成人にかけて分泌され、多ければ多いほど脂肪がつきやすく、バストも大きくなっていきます。

この時期に激しいスポーツや多大な精神的ストレス、過剰なエネルギーの消費があると、女性ホルモンの分泌が少なくなり、バストの発育が妨げられます。この女性ホルモンの量を調節しているのが精神の影響を受けやすい間脳にある視床下部です。

したがってストレスを貯める事がバストに悪い影響を与えてしまうのです。また、バストを形成するいくつかの組織の中で、とりわけ中心となる乳腺はバストアップの鍵だといえます。

今まで遺伝や年齢などであきらめていた小さな胸も女性ホルモンの分泌を促進することでサイズアップの夢は十分かなえることが出来るのです。

今、日本で一番支持されているバストアップはこちら

元婦人科薬剤師が女性ホルモンの知識を活かし遂に導き出したバストアップ法
それは女性ホルモンの作用で「乳腺」を成長させることです。 バストの大きさはこの乳腺の脂肪量で決まります。 そしてこの「乳腺」を発達させるには女性ホルモンの分泌が不可欠と 言われています。 このバストアップ法は10代前半の頃に感じた胸の成長と同じような 感覚を覚えることが出来ます。