スマホは2年間のトータル金額で考える

20160613003

スマホを使うときには2年間の支払い金額を考えてみましょう。

■iPhone 6s 64GBを新規でソフトバンクと契約する場合

実質負担金 450円/月が機種代金です。

新スーパーボーナス(分割払い)で4,440円/月、割引が3,990円/月、なので実質負担金450円です。

これに料金プランが
2年契約の通話し放題プランで2,700円
S!ベーシックパックが300円
データ定額パック・小容量(1G)で2900円

合計5,900円となります

毎月支払う額は、6,350円となります。2年間のトータルの支払額は、152,400円です。(+ユニバーサルサービス料や消費税などがありますのでもっと多くなります。)

■SIMフリー端末に格安MVNO SIMを使う場合

フリーテルのSAMURAI REIの場合、端末代金29,900円です。

これに料金プランが

データ通信+SMS+音声 1Gプランで700円(2年目からは、1,199円)

最初の月は端末代金29,900円と料金プラン700円の30,600円となります。2か月目から12か月目までは、700円/月、2年目以降は1,199円となるので、2年間のトータルの支払額は、52,688円となります。

■約10万円の差があります。

約150,000円と約50,000円では、100,000円の差があります。

■SIMフリー端末 0円スタートプランもあります

フリーテルのSAMURAI REIを0円スタートプランで契約する場合は、2,990円です。(XSコースの場合)2年間のトータルの支払額は、71,760円となります。

■これだけの料金の差がありますが、大きな差はこれだけ

まずiPhone 6sかフリーテルのSAMURAI REIという機種選択。

それと無料通話がかけ放題か15分の制限かという電話としての機能。

この2つです。

iPhone 6sが良いなら高い料金を使うしかありませんが、SAMURAI REIを実機で触るとわかりますが、特に動作が遅いということも無いですし、Lineもメールもネットも普通に使えます。

問題は、電話の無料通話の方だと思います。かけ放題なら高い料金を支払ってでもするべきです。つながりますし、音質も良いですし、何時間掛けても基本料金だけです。電話をたくさん使う方は、ぜったいにこちらです。

しかし、ほとんど電話しないという方ならかけ放題の恩恵はあまりありません。通話し放題の料金も必要のないフリーテルの方にする方がお得になります。

■2年間の支払い総額で約10万円の差を良く考えてみましょう。

スマホにいくらならお金を掛けられるか。毎日の通話時間とネットの利用時間でほとんどの方は、安い料金体系の方でも十分快適に使えると思います。2年間のトータル10万円の差は大きいと思うのですが、いかがでしょうか。

※説明を簡単にするために事務手数料やオプションの金額は除いてあります。2年間のトータル金額は、これよりも安くなる場合もありますし、高くなる場合もあります。iPhone 6s 64GBとフリーテル SAMURAI REI、これ以外にもたくさんの機種があります。参考例として考えてください。

(Visited 109 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする