「保護されていません」と表示されたらどうするか

サイトをブラウザで見ると警告が表示される

「保護されていません」

これが出た場合には、サイト管理者に問題があるというようになってきました。

今までは、http://ではじまるURLアドレスが普通でしたが、今後はhttps://ではじまるURLアドレスでなければ警告が表示されます。

2018年は、Chromeがセキュリティ対策をより強くします。

サイト管理者は、https://ではじまる常時SSL化に対応しなければいけない状況になっています。今年になってからは、「やった方が良い」から「やらなければならない」になってきています。訪問者が来なくなるより、きちんと対応して、以前と変わらず安心して見られるサイトにすることが求められています。

サイトを見る人は、そのサイトの安全性を自分で確かめてください。特に入力画面などで個人情報を入力して送信しないでください。サイト管理者が対応していないためになっています。

大手のブログサービスを利用している方は、もう常時SSL化されているので何もする必要はありません。内部リンクにhttp://があると、自分で修正しなければなりません。

(Visited 9 times, 1 visits today)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »