45歳の早期退職 会社に所属するのは45歳までと決めて設計する

今までの常識がガラガラと崩れてきている今日この頃、自分の進む道をもう一度設計してみてはいかがでしょうか?

就職して、競争、競争の毎日を過ごして、これからは楽になるというのが45歳くらいですが、そこで会社から早期退職を促されます。ということは、会社としては45歳までの勢いのある人だけが欲しいという考えになっています。

若い方が、覚えも早いし、給料も安くなるし、社会保険料の負担も少ないし、当たり前の判断です。

会社から解雇を言うことはほぼ不可能な現在、希望退職の募集で自ら辞めてもらう方が、多少退職金の上乗せをしても安いという考え方になります。

もうこんな時代になったのだと思うか、まだそんなことやっているのと思うか、私は後者の方です。

あなたが居なくても会社はずっと続きます。あなたが居なくなって会社が危なくなるのなら、あなたはもっと上の立場にいるはずです。居ないということは、会社にとってそれだけの人と言うことです。

もし、自分の進む道をもう一度設計するのなら、どうやって考えますか?

私は、チャレンジすることをお勧めします。

失敗しても良いじゃないですか。やってみないとわからないことも沢山あります。「とりあえずやってみる」そんな気持ちの方を私は応援しています。

何から始めたら良いのかわからない方へ

勉強しましょう。本を読んで、インターネットで調べて、いろいろな人に会って、自分の知識を高めましょう。

今までは、安定を求めていたのだと思いますが、それは終わりの始まりです。自分にしか出来ないことを始めてみましょう。

(Visited 23 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »