2020年版 SNSを使った集客図を使ってみる

SNSを使った集客図

ホームページ、ブログ

↑ここが一番重要
予約やお問い合わせは、ホームページからがほとんどです。このため、日々のブログ更新が重要になります。

この辺のことを気にしながら記事を書いていくともっと良い記事として検索エンジンにもお客様にも認識されます。

1. タイトル 関連したキーワードを入れる。
2. 自社サイトへの導線をつくるので、関係ない投稿はしない。

自社サイトに来てほしい人へ向けて情報を発信していくことで信頼が得られます。将来のお客様へ向けて情報を書いていくのが大切です。先に情報を出して信頼を得る形にします。

Facebookページ

↑会社やブランドで作成するページ
Facebookページを作成して、HP・ブログからFacebookページへの「いいね」を促します。Facebookページでブログ記事を抜粋して投稿することで、Facebook→ブログに誘導します。

Twitter

ブログ記事の中にTwitterへのリンクを貼って「フォロー」を促します。ブログ→Twitterへ誘導しフォロワー数を増やすことができます。
Twitterのフォロワー数がある場合は、ブログ記事を抜粋してTwitterにつぶやく。記事のURLを貼り付けておきます。これでTwitterからブログへ誘導することができます。

動画投稿したことをTwitterでつぶやくことでYoutubeへ誘導できます。

Youtube

YouTubeでアップロードした動画を記事に貼り付けて、内容を要約してブログ記事を作成します。ブログとYoutubeは相性が良いので、文字と映像を組み合わせるとより効果があります。ブログ記事の中に動画を設置すると、滞在時間が長くなりSEO効果にもなります。
YouTubeは動画の概要欄にリンクを貼ることができます。YouTube→ブログへの誘導が出来ます。

Yotubeの概要欄には、リンクが貼り付けられます。Twitter、Facebook、LINE@、InstagramのURLを貼り付けます。

Instagram

インスタグラムは、投稿にリンクを貼ることができません。リンクはプロフィール欄になります。ブログへの誘導が弱い傾向があります。ブログにインスタグラムの画像を表示させてブログ→インスタグラムの誘導がメインになります。

LINE@

お客さんとのやり取り(設定の必要あり)や予約、クーポン配信など様々な使い方ができるLINE@ですが、ブログを更新した時に、一斉送信機能を使ってお知らせするという使い方ができます。LINE@→ブログに誘導することができます。
ブログからLINE@へは、友達登録を促し、お得情報配信中などでLINE@に友だち追加してもらいます。

(Visited 17 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »