日本通信SIMから「合理的20GBプラン」月額1,980円 バランスよくデータ通信量多め

今回は、かけ放題までは要らないけど、データ通信をそこそこ使う方向けの話になります。

データ通信16GBまでなら基本料金に含まれているプランになります。

「SSDプラン」というコードネームで発表していたプラン、正式名称を「合理的20GBプラン(今は16GB)」として受付開始しました。(2020年12月10日)

料金は

月額基本料:1,980円

通話は、70分の無料通話
データは、16GB→20GB

自分でデータ容量をアップする

自分で契約の変更をしない限り1,980円でずーっと使い続けられます。

従量制ではなく、定額制です。

このため毎月の請求が怖いという事もなくなります。

一番はデータ容量16GB(20GB)があること

ドコモの新料金に対抗するということで、データ容量が20GBまで増量されます。

動画を沢山見る方には、丁度良いですし、無料通話70分もあるので、普段使いに安くて十分なデータと通話になります。

通話し放題かデータ16GBか、どっち?

基本料金で500円の差がありますが、どちらにするか悩むところです。

1.データ容量の多い方が良い方は、「SSDプラン」
2.電話を多く掛ける方は「合理的かけほプラン」
3.電話をあまりかけない方は、「SSDプラン」

と考えて見てください。

使えるスマホはドコモとSIMフリー

ドコモ回線を使いますので、ドコモのスマホとSIMフリースマホになります。

キャリアの解約月に合わせてMNPがお勧め

解約料が掛かる人でも、1年高い料金を払うのであれば、直ぐにでもMNPしてしまった方がトータルでお得になります。

キャリアの解約月に合わせてMNPが一番お得になります。

申し込み

申し込みはこちらから

https://www.nihontsushin.com/index.html

もう少し詳しく解説

(Visited 98 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
光回線があると、ギガが気になりません。

シェアする

フォローする

Translate »