ヘッドライトを新品同様に!ソフト99ウレタンクリアーの使い方完全ガイド

ウレタンクリアー

ウレタンクリアーとは?

ソフト99のウレタンクリアーは、車のヘッドライトの黄ばみや曇りを取り除き、透明感を取り戻すためのクリアコート剤です。この製品は、プロフェッショナルな仕上がりを目指すユーザーに最適で、耐久性と光沢を提供します。ここでは、ウレタンクリアーを使用してヘッドライトを再生するための準備と手順を解説します。

[PR]



【SOFT99】公式オンラインショップ

準備するもの

  1. ソフト99 ウレタンクリア
  2. マスキングテープ
  3. サンドペーパー(#200~#400、#600、#800、#1000、#1500、#2000)
  4. 水バケツ
  5. マイクロファイバークロス
  6. コンパウンド(必要に応じて)
  7. ポリッシャー(手動でも可)

ヘッドライト施工前

施工前

ヘッドライトが白くなり、細かい傷が多くなっています。今回は、手作業できれいにしていきます。まずは、下地つくりから始めていきます。

手順

1. ヘッドライトの準備

  • 洗車:ヘッドライト周辺をしっかりと洗車し、汚れやホコリを取り除きます。特にヘッドライト自体の表面をきれいにしましょう。
  • マスキング:ヘッドライト周囲のボディをマスキングテープで保護します。これにより、研磨中に車の塗装を傷つけるリスクを減らします。

右ヘッドライト拡大

2. 研磨作業

  • 粗研磨:サンドペーパーの#400、#600を使用してヘッドライト表面を研磨します。この作業は、表面の黄ばみや劣化したコーティングを取り除くためです。水を使いながら研磨することで、紙やすりの目詰まりを防ぎ、均一な仕上がりを得られます。
  • 中研磨:次に、#1000、#1500のサンドペーパーで再度研磨します。この段階では、表面をより滑らかにし、細かい傷を減らします。
  • 仕上げ研磨:最後に、#2000のサンドペーパーで仕上げ研磨を行います。この作業は、ヘッドライト表面を滑らかにし、クリアコートの密着性を高めるためです。

研磨作業がこの工程で一番重要になります。#400番で磨いたときに、細かい傷を消していきます。もし#400番で消えない時は、#240番から磨いていきます。

#240番、#320、#400、#600、#800、#1,000、#1,200、#1,500、#2,000と磨くとクリアな表面になります。

ウレタンクリアー外観

3. クリアコートの適用

  • 清掃と乾燥:研磨後、マイクロファイバークロスでヘッドライトをしっかりと拭き取り、水分や研磨粉を完全に除去します。その後、ヘッドライトを完全に乾燥させます。
  • ウレタンクリアーの塗布:ウレタンクリアーをよく振り混ぜ、均一な厚さでヘッドライトにスプレーします。スプレーは薄く重ね塗りを行い、ムラができないように注意します。通常、2〜3回の重ね塗りが推奨されます。

4. 仕上げと乾燥

  • 乾燥:塗布後、ヘッドライトを触れないようにして乾燥させます。通常、完全に乾燥するまでには24時間程度かかりますが、乾燥時間は気温や湿度によって異なる場合があります。
  • ポリッシング(必要に応じて):クリアコートが完全に乾燥したら、必要に応じてコンパウンドとポリッシャーを使用して表面をポリッシュし、さらに光沢を出します。

ウレタンクリアー施工後

施工後

下地をきちんと作ると、かなりきれいな仕上がりになります。液だれもなく、スプレーしやすいです。

まとめ

ソフト99のウレタンクリアーを使用することで、車のヘッドライトは新車のような透明感と光沢を取り戻します。正しい手順で準備し、慎重に作業を行うことで、プロフェッショナルな仕上がりを実現できます。ウレタンクリアーは耐久性も高いため、長期間にわたりヘッドライトの美しさを保つことができます。是非、挑戦してみてください。

[PR]ウレタンクリアーの購入

ウレタンクリアー外観

Amazonでウレタンクリアーを探す

楽天でウレタンクリアーを探す

Yahoo!ショッピングでウレタンクリアーを探す

[PR]耐水ペーパーの購入


#240番から#2,000番までのセットがお得です
Amazonで耐水ペーパーを探す

楽天で耐水ペーパーを探す

Yahoo!ショッピングで耐水ペーパーを探す

施工前、施工後、写真

■右側ヘッドライト

ウレタンクリアー施工後

■左側ヘッドライト

左側ヘッドライト施工前

左側ヘッドライト施工後

スポンサーリンク
いつも使うから安く!と思っている方向け。

シェアする

フォローする

Translate »