街にある銀行、あっても行かないよね。ネット銀行やクラウドファンディングを上手に使う。

街の銀行にはもう行かない

街には、銀行の建物が沢山ありますが、あまり行かなくなった今日この頃。1年に1度行くか行かないかわからない「窓口」は必要ないのかなと思います。預け入れや引き出しは、コンビニにあるATMで出来ます。

パソコンやスマホで自分の口座を見たい時、街の銀行は、毎月使用料を取ります。あまり使い勝手が良いという画面でもないですし。なんで?? どんな世の中になっているのか、わかっていないのかと思ってしまいます。毎月の使用料を取るよりも、取引残高を増やせるように使いやすくするとか考えないのでしょうか。

新規に銀行口座を作るのならネット銀行

もし、新規に銀行口座を作るのならネット銀行をお勧めします。ジャパンネット銀行、楽天銀行、などなど沢山あります。街には、店舗が無いですが、通常の銀行です。預金や引き出しは、コンビニATMで出来ます。

私の子供もジャパンネット銀行に口座を開設しました。パソコンやスマホで残高の確認が出来ますし、PayPayなどのQRコード決済(スマホ決済)の入金なども簡単に出来るので、子供にとってはネット銀行が使いやすいです。

今は、スマホの時代ですのでQRコード決済とネット銀行との相性が良いです。(今更、銀行系のQRコード決済を作っても、もう遅いです。誰も使わないでしょう。)

預金の考え方

銀行にお金を預けてもほとんど増えないです。預ける人が少なくなり、他の資産に移動しているでしょう。街の銀行に預金しておくのは、昭和世代だけで、次の世代はもっと違う方法を考えています。

借金の考え方

借りるにしても、街の銀行は土地などの担保が無いと貸さないです。人や事業を見て貸すことは無いでしょう。人を信用せず、担保しか見ていないのなら、AIに代わってもらった方が良いのではないでしょうか。

新しいお金を調達する方法がある

クラウドファンディングという、人やこれからする事業内容を見てお金を出す仕組みもあります。こちらは事業に失敗しても返さなくて良いお金を集めることが出来ます。未来を一緒に夢を見て、少しづつお金を出し合う仕組みがあります。

今、街の銀行がやっている事業は

・他の会社の投資信託を手数料を高めにして、情報に弱い人たちに売りつける。
・マイホームが欲しいサラリーマンで、安定しているだろう職業についている人に35年縛りのローンを組ませる。

これくらいが儲かるビジネスなのかなと考えます。あと何があるのだろう。

街の銀行、ネット銀行、同じ銀行でも全然違います

良く調べて、口座開設することをお勧めします。銀行の窓口無くても、銀行口座開設できます。

(Visited 7 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »