45歳の早期退職 第二の人生がはじまる

45歳が定年

早期退職という形で退職者を募集するのが流行っていますが、言い換えれば45歳が定年退職希望制度と言っても間違いではないと考えます。

45歳が定年

これが、標準になってくると考えます。一部の優秀な社員が出世して、出世できない社員はもう要らないということでしょう。正社員は必要ないでしょう。という考え方です。

儲けを出さない社員は、会社のお荷物になります。それを判断するのが45歳になります。儲けに関係のない部署にいる社員は、その作業スピードや効率化が30代についていけなくなった時点でお荷物になります。

無駄な社員は要らない

パソコン使えない。
エクセル出来ない。
企画書書けない。
新しい仕組みを勉強しない。

この基本も出来ない社員は、やっぱり居るだけ無駄だなと考えます。

45歳で振り分けするより、もっと早く40歳くらいで判断してあげたほうが、今後の人生にとっても良いのではと考えます。

40歳から何を始める

40歳から、会社から放り出されて、じゃあ何をしましょうか?

1.転職して会社員
2.個人事業主
3.会社設立して取締役

この3つの道が考えられますと以前書きました。

45歳の早期退職、その後の道を考えてみた。起業するなら自営業か、会社組織か

試練を受け入れる

今まで安定していたと思っていた会社から不適合と言われたあなたには、ものすごい試練が待ち受けています。あなたは、そこで初めて自分の価値を知ることになります。

どうしますか?

そこから、本当の人生が始まります。

第二の人生の方が絶対に楽しいと思います。少なくても私は思っています。

(Visited 11 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »