45歳の早期退職 自営業を始めた時の現実を知る

こんなことを書くと、自分でビジネスを始めたくなくなるかもしれません。でも、最初に知っておくことで、よしやってやろうと考えてくれる方がいると思っています。

■あなたの肩書は、「何でもない人」になります

会社に勤めていた時には、〇〇会社のあなたという肩書がありました。独立すると、その肩書が何の意味もないことに気付きます。早めに気付いてください。

自分一人では、何もできないことに打ちのめされます。

誰も相手にしてくれませんし、営業で回っても、ほとんど話も聞いてくれません。中に入れてくれることもありません。

これを乗り越えることが大切です。

どんなに良い商品、サービスがあったとしても、興味すらないようになります。

■人はあなたの信用を第一に見ています。

あなたは、0から始めたので、信用は0です。これを1に出来なければ、ビジネスはうまくいかないでしょう。

私もそうでした。信用をつくるために、何をすれば良いかを考えていました。

結論から言うと「続けることで時間が解決してくれる」ということです。回り道のように思えますが、確実な信用を得るには、続けることしかありません。

■あなたの声を届ける

信用を得るために、続けなければいけないこと。それは、営業で回り続けること、それとホームページ、ブログ、SNSであなたの考え方を発信し続けること。これ以外にも、いろいろありますが、とにかく声を届け続けることが大切です。

■ホームページ制作会社が見た信用を得て伸びる方

沢山のホームページを作ってきましたが、きれいなホームページを作っても売り上げが上がらないページ、素人みたいなページの作り方をしても売り上げが上がるページ、どこに違いがあるのか、傾向があります。

ホームページは簡単に作って、毎日ブログを自分で投稿する。それをSNSで発信していく方が、伸びています。この傾向は、ほとんど変わっていません。

ビジネスが順調に行き始めてから、ホームページを少しきれいにしたり、新しいメディアにチャレンジしたり、手を入れる方が伸びています。

「自分の言葉で毎日投稿する」

これが一番伸びる秘訣かなと思います。

■自営業を始めたら

肩書よりも信用を得ることを第一に、あなたのビジネスを伸ばしてください。応援しています。

(Visited 16 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »