iPhoneをWEBカメラとして使う。パソコンにカメラがついていなくても大丈夫。設定方法を解説

パソコンにWEBカメラがついていない時に、iPhoneがあればWEBカメラになります。画質もきれいです。設定もかなり簡単に出来ます。zoomなどのミーティングツールにも使えます。

準備するもの

■パソコン

■iPhone

■パソコンとiPhoneを同一のWi-Fiにつなげる

パソコンとiPhoneの両方にアプリをインストール

いろいろなアプリがありますが、「iVCam」が使いやすいので今回はiVCamで説明します。

パソコンとiPhoneの両方にiVCamアプリをインストールします。

■パソコンはこちらからダウンロード
http://www.e2esoft.com/ivcam/

x64かx86のどちらかなのですが、64bitの方は「x64」、32bitの方は「x86」を選択します。最新のWindows10だと64bitですので「x64」をダウンロードします。

ダウンロードされたらインストールします。

■iPhoneにも「iVCam」で検索してインストールします。

パソコンとiPhoneを接続

パソコンにインストールしたiVCamを立ち上げます。次にiPhoneのiVCamを起動します。

最初だけ「iVCamを検索しています」が表示されます。数秒すると自動的に接続され、パソコンとiPhoneの両方にiPhoneのカメラ映像が表示されます。

これでパソコンで使うことが出来ます。

右上の×で画面を閉じると接続状態は維持されたままです。

右下の3本線の終了をクリックすると接続が解除されます。

やっぱりWEBカメラが欲しい

iPhoneの画質はきれいですが、パソコンに設置する金具なども必要になります。はじめからパソコンに付けられるように作ってあるWEBカメラは購入して直ぐに使うことが出来ます。

どちらもメリットがあります。


WEBカメラを探すときはこちら

(Visited 25 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »