2020年に5Gが始まると対応の機器が必要です

通信規格5Gになると、それに対応した機器が必要になります。スマホの場合も、5Gに対応したスマホでないと通信できません。

通信規格が変わるたびに、高機能の電話(4Gの時にはスマホ)が出てきます。5Gになると想像しなかったような高機能電話が出てくることが予想されます。

5Gに対応した今の形のスマホが出てきても、それほど欲しいとは思わないでしょう。もっと、何か驚くような端末が出てくると、かなりのスピードで5Gの世界になってくると予想します。

端末が何かを考えるのではなく、欲しいか考える

この驚くような端末が何かを考える必要はぜんぜんありません。いろいろな端末が出てきた時に、これは良いのか悪いのかを調べることが大切です。

欲しいと思うか、スペックはどうか、何に使えるか、価格はどうか、などなどこれを調べてみてください。

誰もが欲しいと思う端末が主流になると考えられれば、その後の世界が予想できると考えます。

ここをワクワクしながら考えることが大切です。

(Visited 15 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »