無線LAN親機を変えたらLANケーブルも変えましょう【簡単な選び方】

LANケーブルにはカテゴリがあります。ケーブルの品質や通信規格が定められています。

安定した高品質な通信を行うために無線LAN親機の通信仕様、最大通信速度に応じたカテゴリのLANケーブルが必要になります。

カテゴリは「CAT」と表示されます。

カテゴリ選びは最大伝送速度を基準に見るのが良いと考えます。通信速度は「bps(ビット・パー・セカンド)」という単位で表されます。

CAT5(カテゴリファイブ)は、100Mbps
CAT6は、1Gbps
CAT7は、10Gbps
CAT8は、40Gbps

となっています。2020年6月現在に購入するならCAT7を購入しておけばまず大丈夫です。

例えばこちらのバッファローの無線LAN親機(Wi-Fi親機)ですが、パッケージに「1300Mbps+450Mbps」と書かれています。

1300Mbps=1.3Gbpsです。

CAT7は最大伝送速度10Gbpsですので1.3Gbpsなら十分に対応できます。

ということでCAT7のLANケーブルなら大丈夫という事になります。将来を見越してCAT8のLANケーブルという考え方もありますが、その時に購入するほうが値段も安くなっていると考えます。

LANケーブルの長さも重要

ケーブルは短い方が良い。

これを基本にLANケーブルの長さを決めます。あまりにも長いと無駄ですし、値段も高くなります。

直ぐ近くなら0.5mか1mにします。

長く伸ばすときには、きちんと配線の経路を確認して長さを確認します。12mだったら15mのLANケーブルを購入するようにします。20mとかは無駄な長さになります。

CAT7 LANケーブル

→ LANケーブル cat7を探す

■LANケーブルCAT7 1m

LANケーブル CAT7 1m 2m 10ギガビット 高速光通信対応 ツメ折れ防止 ランケーブル カテゴリー7 薄型フラットケーブル

価格:880円
(2020/6/16 11:30時点)

■LANケーブルCAT7 5m

★メール便送料無料★【LANケーブル cat7 5m】当日発送 1年製品保証 1ヶ月返品可能 10G通信 ゴールドメッキ 業務用 企業様向け サーバー用 カテゴリ7 白 黒 ストレート ランケーブル 二重被覆 RJ-45 おすすめ カテゴリ

価格:1,780円
(2020/6/16 11:28時点)

■LANケーブルCAT7 10m

★メール便送料無料★【LANケーブル cat7 5m】当日発送 1年製品保証 1ヶ月返品可能 10G通信 ゴールドメッキ 業務用 企業様向け サーバー用 カテゴリ7 白 黒 ストレート ランケーブル 二重被覆 RJ-45 おすすめ カテゴリ

価格:1,780円
(2020/6/16 11:28時点)

(Visited 5 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »