長尾製作所 オープンフレームver.micro-ATXを組み立ててみた

長尾製作所のオープンフレームは、自作パソコンをつくる方の間では有名です。

見た目はごついのですが、かなりコンパクトにつくれることもあり、実際に購入して組み立ててみました。

型番:SS-NFRAME-MATX

思ったより小さな箱で来ました。

中を開けるとパーツごとにビニール袋に入っています。

組み立て手順書もあります。

組み立ててすごく助かったのが個別のビニールに入っているネジ類です。番号がふってあり、どこのパーツに使うのか説明まで丁寧に書いてあり、迷うことなく使えます。

余ったネジもそのまま保管しておけば、次に組み替える時に直ぐに使えます。

親切丁寧で、さすがです。

組みあがった形がこちらです。

必要最小限の大きさで、かなり機能的になっています。ここから、マザーボードなど自分好みのパーツを組み込んでいきます。

このオープンフレームの一番良いところは、自分で選んだパーツを見えるように配置出来るところです。CPUクーラーやメモリ、グラフィックカードなどが、マザーボードに取り付けてある姿を縦型で見えるのがかっこいいと思います。

今回はM-ATXで組み立てました。次回は一回り大きいATXで組み立てたいと考えています。

長尾製作所 オープンフレーム ver.micro-atxをAmazonで探す

長尾製作所 オープンフレーム ver.micro-atxを楽天で探す

(Visited 9 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
いつも使うから安く!と思っている方向け。

シェアする

フォローする

Translate »