デスクトップパソコンには無停電電源装置を設置

スマホ、タブレット、ノート型パソコンにはバッテリーがあります。突然の停電でも問題なく使うことができます。

デスクトップパソコンは、突然の停電時には、いきなり停止してしまいます。パソコン自体にも悪影響を与えますし、作成していたデータが消えてしまうことになります。

これを防止するために、「無停電電源装置(UPS)」が必要になります。

無停電電源装置は消費電力で選ぶ

選び方としては、デスクトップパソコンとモニターの消費電力以上のものが必要になります。

事務用で使っているパソコンであれば、UPSの出力容量300Wで十分足ります。OMRON製ですと「BY50S」クラスで十分です。

OMRON UPS(常時商用給電/正弦波出力) 500VA/300W BY50S

価格:17,300円
(2021/8/8 12:15時点)

これがハイエンドのデスクトップパソコンになるとUPSの出力容量720Wが必要になります。

電力を主に使うのがCPUとグラフィックボードです。最近は、消費電力量が大きくなってきていますので、多少は電力に余裕があるのが必要です。

OMRON製ですと「BY120S」クラスになります。

オムロン BY120S UPS本体 1200VA/720W 無停電電源装置

価格:45,000円
(2021/8/8 12:16時点)

CyberPower CPJ1200も720Wの出力容量になります。

CPJ1200 CyberPower 無停電電源装置(UPS)1200VA/720W Backup CR CPJ1200

価格:28,980円
(2021/8/8 12:17時点)

無停電電源装置は、デスクトップパソコンの外付けバッテリーになります。通常時には必要ないかもしれませんが、突然の停電時にはあって良かったと思える一品です。

一度、停電でデータを消してしまうと、必ず欲しくなりますので、泣かなくてすむように今から準備してください。

(Visited 15 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
光回線があると、ギガが気になりません。

シェアする

フォローする

Translate »